2016/04/10

神戸英語教育学会第21回研究大会 

■日 時 2018年5月12日(土) 09:30~16:40
■場 所 神戸市勤労会館 405講習室
(神戸市中央区雲井通5丁目1-2)
三宮駅から徒歩5分 https://goo.gl/ggy7jK
■参加費 会員無料・非会員500円
■問合先 haida6246[at]gmail.com(事務局・拝田[はいだ]
非会員の方のご参加も歓迎いたしますので、皆さま是非お越しください。
~~ プログラム ~~
09:30~ 受付開始
09:45~ 総会
10:30~11:25 研究発表
1. ‘The Study of Japanese English Users' Multi-Competence: the Effects of Second Language Acquisition on L1 compliments’
村端啓介(近畿大学)
2.「大学初年次の英語多読指導―自律的学習者の育成をめざして―」
吉野康子(順天堂大学)
3.「小大連携による英語教育改革―四天王寺学園の挑戦―」
奥羽充規・中田貴眞(四天王寺大学)・ウォルフ佳代(四天王寺小学校)
4.「英語教育のユニバーサルデザインに向けて―ダウン症児への英語指導を考える―」
拝田 清(和洋女子大学)
昼食休憩(12時30分〜13時30分)
5. パネルディスカッション「発音指導―カタカナ表記の可能性」 第Ⅰ部 13:30~14:40 ・報告(1):「音声指導におけるカタカナ表記の理念」眞砂 薫(近畿大学) ・報告(2):「教育現場からの報告・問題提起」伊庭日出樹(兵庫県立宝塚東高等学校) ・報告(3):「英語教育史からの報告・問題提起」上野舞斗(関西大学博士後期課程) ・報告(4):「英語音声学からの報告・問題提起」伊庭 緑(甲南大学)  
第Ⅱ部 15:00~16:30 1) 質問・コメントへの回答 2) フロアを交えて質疑応答と全体討論 3) 各報告者からのまとめ・補足
16:30~ 閉会式
17:00~ 懇親会


神戸英語教育学会第21回研究大会

発表要旨
研究発表1
“The Study of Japanese English Users' Multi-Competence: the Effects of Second Language Acquisition on L1 Compliments”
村端啓介(近畿大学・四天王寺大学)
The research conducted for this study was designed to examine whether learning and experiencing English affects Japanese English users’ pragmatic competence in terms of giving compliments. The research questions employed in this study were: 1) How does learning English as an L2 affect Japanese users’ pragmatic competence of L1 in terms of giving compliments?, 2) Does the effect of English learning change Japanese English users’ way of complimenting into a more American style or do they innovate their perspectives of how they compliment in Japanese? and 3) Which factors, for example social distance, gender and age are affected most and least? And why? In order to elucidate these questions, three research methods have been employed including Likert-scale questionnaire, videotaping and interview. The results of this study demonstrated two significant consequences caused by learning and experiencing English, and these are a) increasing motivation toward giving compliments and b) expanding the range of the target to compliment. The body of findings evinces how language users of multiple languages expand their cognitive ability, and it leads us to rethink the eligibility of non-native English speakers in many different fields.

研究発表2 「大学初年次の英語多読指導―自律的学習者の育成をめざしてー」  吉野康子(順天堂大学) 本発表は、私立大学国際教養学部の英語共通科目において、2015年度からどのように多読指導を導入し、自律的学習者への橋渡しをしているかの実践報告と考察である。多読をテーマにするのは、発表者が「聞くこと」「話すこと」が強調される時代においても、「読むこと」は何より重要で、想像力や考える力につながり、自律的学習者を育成するために不可欠だと考えるからである。  まず、本学部の英語教育においての多読の位置づけと目的を説明する。位置づけでは、英語共通科目は1、2年生連続の発信型中心のプログラムであり、今回は、1年生の多読に焦点を当てていること、そして授業外多読との関連性も説明する。目的としては、①「読むこと」の重要性を認識し、授業内多読から自律的読書ができるための橋渡しをする、②学生の意向を尊重し、多角的な読書指導の可能性を探る、の2点をあげる。 次に学生の現状をアンケートの結果をもとに説明した後で、授業内多読実践、授業外多読実践を紹介する。多読とは何か、多読の読み方、効果の説明、未知語の推測の練習をどのように実践しているか、またBook Talkと称して、学生がお薦めの本を紹介する方法も、学生のノートと共に紹介する。 最後に、多読実践の結果や学生のアンケートから、読む習慣をつけるために必要なこと、多読の取り組みに効果的な協同学習、学生の個性に応じた多読指導等を述べたい。3年間の多読指導を振り返り、今後の多読実践の改善につなげたい。


研究発表3 「小大連携による英語教育改革―四天王寺学園の挑戦―」 奥羽充規(四天王寺大学)、中田貴眞(四天王寺大学)、ウォルフ佳代(四天王寺小学校) 本発表では、平成29年度より四天王寺小学校において実施されている新しい英語教育の実践について,その理念・目標・実際の取り組みから紹介する。これまで、四天王寺小学校は英語教育改革のために四天王寺大学と連携しその教育の在り方をともに模索してきた。そして、小大連携として単にその英語教育の有るべき姿について議論するだけなく、大学側としても学生教育の一環としてモジュール授業に学生を派遣することにより,積極的にその教育改革に関与しているのである。 今回の発表では、特に小学校における新しい英語授業の在り方について紹介するとともに、その補完としてのモジュール授業との関わりを述べ、今後の小学校における英語教育の1つの展望について議論していきたいと考えている。
研究発表4 「英語教育のユニバーサルデザインに向けて―ダウン症児への英語指導を考える―」 拝田 清(和洋女子大学)
2017年4月に「障害者差別解消法」が施行され,また,2018年3月に告示された小学校,及び中学校の新学習指導要領でも,障害のある児童・生徒への合理的な配慮の必要性が記載された。これらを受け,公教育においても共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システムの構築のため,特別支援教育の充実が喫緊の課題となっている。そこで,本研究では,すべての児童・生徒・学生にとって学びやすい英語教育のシステム,すなわち,「英語教育のユニバーサルデザイン」の構築に寄与することを目的として,研究の遅れている知的障害を持つ児童・生徒,とりわけダウン症児への英語教育について,現状を調査・分析し,その特質に合わせた指導法を検討する。



2013/03/30

KELT(神戸英語教育学会紀要) バックナンバー

『KELT』は、神戸英語教育学会発行の紀要です。

バックナンバーは、各号の残部状況によりますが、1部500円(送料込み)にてお分けすることも可能です。

ご希望の方は、下記までお問い合わせください。
神戸英語教育学会事務局: kelt.chaki32@gmail.com


バックナンバー目次は下記リンクをクリックしてください。

KELT(神戸英語教育学会紀要) バックナンバー


【参考】KELTのバックナンバーとしての最新号目次



第33号(2018)

【研究論文】
奥羽 充規・拝田 清
「新教授法の導入と実践の功罪―内容言語統合型学習(CLIL)を例に―」
Content and Language Integrated Learning (CLIL): Problems and Possibilities of Introducing a New Teaching Methodology

村端 啓介
「語用論的言語使用「褒め」の小学校英語への導入とその教育的意義について の考察」
A Consideration of Introducing Pragmatic Language Use, Specifically “Complimenting,” into Elementary School English Education in Japan Based on Its Pedagogical Significance

拝田 清
「音声認識ソフトを利用した英語音声学の授業実践」
Teaching English Phonetics Through Speech Recognition Software

吉野 康子・東郷 多津
「初等中等教育に生かせる異文化理解と協同学習―教員研修実践を通して―」
Cross-cultural Understanding and Collaborative Learning for Primary and Secondary Education―Through Teacher Training Programs―

青田 庄真
「戦後日本の英語教育政策に関する国会議員の発言志向―プロファイルと発 言内容の関連についての計量テキスト分析―」
Quantitative Text Analysis on the Relationship between Profiles and Statements form Politicians Regarding ELE in Postwar Japan

上野 舞斗
「英語仮名表記に関する戦前期の論争:『英語青年』を中心に」
The debates over using kana for the transcription of English sounds: With a focus on The Rising Generation in the pre-war Japan

2010/03/19

<神戸英語教育学会ご入会のご案内>



神戸英語教育学会は、会則を承認し、会費を納入される方なら、どなたでもご入会できます。

・ご入会いただく場合は、《入会申込書》をご郵送くださるか、
《入会申込メール》に以下の必要事項をご記入の上、事務局までお送りください。

・あわせて、年会費5,000円(学生・院生は3,000円)をご送金ください。
ご入金を確認次第、最新の研究紀要 Kobe English Language Teaching (KELT) をお送りいたします。

《入会申込メール》
宛先: kelt.chaki32@gmail.com
タイトル(件名): 神戸英語教育学会入会申込

内容:
1)氏名・ふりがな
2)所属(勤務先名・在学校名等)【25字以内】
3)研究分野【30字以内】
4)住所・郵便番号
5)電話番号・FAX番号・E-mailアドレス
6)推薦者氏名(もしいらっしゃればご記入ください)

《年会費の振込先》
ゆうちょ銀行 
記号 14390  番号65540781
神戸英語教育学会 

2010/03/11

神戸英語教育学会紹介



沿 革

本会は, 神戸大学大学院教育学研究科英語教育専攻の教官・院生を会員とする「神戸大学大学院英語教育研究会」として, 1985年より13年間にわたって活動を行ってきたが, 1997年の総会に於いて, 会の名称を新たに「神戸英語教育学会」と改め, 趣旨に賛同する新会員を広く募りつつ, より活発で開かれた学術活動を行うことを決定して今日に至っている.

神戸英語教育学会
理事・事務局体制一覧

会長: 真砂薫(近畿大学) 

副会長: 伊庭緑(甲南大学)

理事:
池田眞寸子(帝塚山大学・査読委員長)
伊庭日出樹(宝塚東高等学校・研究大会)
後中陽子(近畿大学)
岡村光浩(神戸芸術工科大学・広報)
木村麻衣子(武庫川女子大学)
小橋薫(神戸大学・HP)
東川直樹(大阪市立高等学校)
林浩士(鈴鹿工業高等専門学校・HP)
山内啓子(神戸松蔭女子学院大学)


事務局長: 拝田清(和洋女子大学)

事務局専従スタッフ・会計: 茶木昌子


顧問:
青木庸效(神戸大学名誉教授)・
伊原巧(長野保健衛生大学)

名誉会長:江利川春雄(和歌山大学)


本部
〒577-8502 東大阪市小若江3-4-1 近畿大学薬学部
教養基礎教育部門(39号館)眞砂薫研究室内
 masagok@kindai.ac.jp 

ラベル:

神戸英語教育学会会則


2017.5.6 改正
              
第1章 総則
1条 
本会は神戸英語教育学会 (SKELT: Society of Kobe English Language Teaching)と称する.
2条 
本会は, 英語教育及びその関連分野の理論的・実践的発展に寄与することを目的とする. 併せて, 会員相互の啓発と親睦を図る.
3条 
本会は, 前条の目的を達成するために, 次の事業を行なう.
1)大会及び総会 2)研究会 3)研究誌の発行 4)その他, 必要と認められる事業

第2章 会員
4条1項 
会則を承認し, 入会申込書を提出のうえ, 所定の学会費を納入する者は正会員となることが出来る.
4条2項 
本会は, 顧問及び名誉会長を置くことが出来る. 顧問及び名誉会長は特別会員とし, 学会費用納入の義務を負わないものとする.
5条 
会員は, 脱会意志を文書で事務局に通知することを以て, 脱会することが出来る.

第3章 組織と運営
6条 
本会は、事務局を事務局長の自宅もしくは勤務先に置く.
7条
本会は, 会の運営のために以下の組織を置く.
1)理事会 2)運営委員会 3)事務局
8条1項
理事会は, 別項の規定によって選出された理事全員によって構成される.
8条2項
理事会は, 会運営に関する特別の問題を審議する場とし, 会長が必要に応じて召集することとする.
8条3項
会長は, 必要に応じて, 理事会への顧問及び名誉会長の参加を要請することが出来る.
9条1項
運営委員会は, 別項の規定によって選出された会長・副会長・事務局長の3名によって構成される.
9条2項
運営委員会は, 会運営に関する日常的・事務的問題を審議する場とし, 何れかの構成員が必要に応じて召集することとする.
9条3項
会長は, 必要に応じて, 運営委員会への顧問及び名誉会長の参加を要請することが出来る.
10条1項
事務局は, 別項の規定によって選出された事務局長, および, 事務局長が正会員の中から任命した若干名の事務局委員によって構成される.
10条2項
事務局は, 以下の任務を行うこととする.
1)大会・総会及び研究会の準備と運営 2)研究誌の発行 3)会計 
11条
理事は若干名とし, 総会において, 正会員の中から選出する.
12条
会長・副会長・事務局長は何れも1名とし, 総会において, 理事の中から選出する.
13条 
本会は会計監査を置く.会計監査は1名とし,総会において,正会員の中から選出する.
14条 
会長・副会長・事務局長・理事・会計監査の任期は3年とする. ただし再選を妨げない.

第4章 大会及び総会
15条 
本会は, 原則として年に1度, 大会を行なう.
16条1項 
大会では、総会・研究発表・懇親会、その他必要と認められる事項を行う.
16条2項
 大会での研究発表は会員に限る.
17条 
総会において次の事項を協議する.
1)会長・副会長・事務局長・理事・会計監査の選出 2)会計報告 3)事業報告 
4)会則の改正 5)その他必要と認められる事項
18条 
総会における議決は, 出席者の過半数を得ることとする.

第5章 研究誌
19条 
本会の研究誌の名称をKobe English Language Teaching(KELT)とする.
20条
研究誌は, 年1回の発行を原則とする.
21条 
論文の投稿は会員に限る. ただし, 依頼原稿についてはこの限りでない.
22条
論文の投稿の方法は, 別に定める投稿規定による.         
23条 
投稿論文の掲載に当たっては, 事務局の委嘱した学会内外の査読委員による審査を経ることとする.   
24条 
論文執筆者は, 投稿論文の掲載に際して, 所定の投稿料を納入するものとする. ただし, 依頼原稿についてはこの限りではない.  

第6章 会計
25条 
本会の経費は, 学会費及びその他の諸収入による.           
26条
本会の学会費は, 正会員1人につき,年額5,000円とする.学生(院生)については,年額3,000円とする.
27条
本会の会計年度は、4月1日から翌3月31日までとする.      
28条 
会計監査は本会の会計を監査し, その結果を総会において報告する.   

第7章 付則
・1997年5月4日一部改正.
・2009年5月3日一部改正.
・2015年5月6日一部改正.
・2017年5月6日一部改正.

ラベル:

紀要投稿規定


1.『神戸英語教育学会紀要』(以下,本紀要)に掲載する投稿論文は英語教育学・言語学・英米文化論に関する未発表論文とする.ただし,すでに口頭で発表しその旨を明記したものは審査の対象となり得る.

2. 本紀要に投稿できるのは,所定の会費を納入した神戸英語教育学会会員に限る.

3. 論文原稿は「『神戸英語教育学会紀要KELT』執筆要領」にしたがって作成するものとする.執筆要領に沿っていない原稿は審査対象外とする.英語論文および英語サマリーは原稿送付前にネイティブチェックを受けること.

4. 執筆者は10月31日21時までに,氏名・勤務先を明記した論文の電子ファイル(ワープロソフトのファイルおよびPDF)をメール添付で事務局内編集委員会に提出すること.著しく不備がある原稿や不完全な原稿は受け付けない場合がある.
事務局  : kelt.chaki32@gmail.com

5.執筆者は10月31日までに,査読料1,000円を納入すること.
(査読料の納入方法については別途指示する.)

6. 論文原稿は,査読委員会の審議によりA(掲載可),B(修正のうえ掲載可),C(掲載不可)の3段階で判定される.Bと判定された原稿については指定された期日までに修正のうえ,再審査用原稿と修正箇所をリストアップしたもの(書式は任意)を提出することで,再度審査する.

7. 投稿論文の採用が決定した段階で, 所定の執筆負担金を納入すること.(執筆負担金の額および納入方法・期限については別途指示する.)

8. 投稿締め切りは上記のとおり10月末日,修正原稿締め切りは12月20日,発刊は翌年1月末とする.

9. 投稿者には, 紀要5部を贈る.

10. 本紀要に掲載された論文等を無断で複製あるいは転載することはできない.本紀要に掲載された論文の著作権はそれぞれの論文の著者に帰属するが,著作権のうち複製権および公衆送信権の行使については神戸英語教育学会に委託される.

11. 本規定の改廃には本学会理事会の3分の2以上の賛成を必要とする.


『神戸英語教育学会紀要KELT』執筆要領

1. 論文は, 次の分量以内とする.
 日本語  横35字×縦28行 (20ページ以内)              
 英 語  横70ストローク×縦28行 (20ページ以内)
       
2. 日本語の場合は英語, 英語の場合は日本語によるサマリーを別に1ページ以内で添すること.
                           
3. 論文は事務局内編集委員会に送付すること
               
4. 書式はMLA HandbookまたはPublication Manual of APA の最新版に従うこと.

5. 最終原稿は, 下記の様式と要領に基づき提出すること.
・用紙:A5 サイズ 
・上下余白:20mm 左右余白:15mm                     
・1頁目は, 題目・所属・氏名などを書かず, 1行目から論文本体をはじめること.  
・サマリーは, 1行目の中央の位置に, 全角(拡大文字など使用せず)でSUMMARYと記入する. 英文論文で日本語要約の場合は, 同様に要約と記入する. 2・3行目を空けて, 4行目から書きはじめること. 必ず1頁以内とする. なお, サマリーのページにも, 題目・所属・氏名などは書かない.
・頁数は不要.
・別紙に, 略歴(生年・最終学歴・現職・専門・主要業績)および日本語英語両方による論文題目を記入の上, 送付すること.








ラベル:

SKELT Archives


神戸英語教育学会ブログアーカイブ
Society of Kobe English Language Teaching Archives

ラベル: